歯周病が気になる方

10代の歯茎を保つには、歯科医院に行く習慣と歯周病に気づきやすい環境が大事

歯周病は、大人の患者さまがなる病気といわれていますが、お子さまでもなる可能性があります。

小さなお子さまの場合では、虫歯治療を行っているときに気づくことが多くあります。歯周病は、基本的に治療を行っても元に戻る事はなく、患者さまがもともともっている歯茎に戻ることはありません。

そのため歯周病の進行を防ぐための治療がメインになります。歯周病にならないためには、10代のときから歯科医院に通うことを習慣付けていただきたいです。

成人の患者さまでも3ヶ月に1回、定期的に歯科医院に来ていただくと、歯周病の進行を遅らせることができます。来ていただければ、毎回お口のなかの状況を確認させていただきますので、リスクに対して早めの対処をすることが可能です。

早い方は、高校生・大学生で歯周病の症状が出ます。歯周病はなってしまうと基本的に元に戻る事はありませんので、定期的に来ていただき良い状態を保つようにしましょう。

歯周病の個別相談のご案内

当院では、患者さまのお口のお悩みにお答えするため、歯周病の相談を随時受け付けております。どんなことでも構いませんので、1口腔1単位の治療が行える私たちに、 お話ししていただければと思います。

ご興味がある方は、こちらからお問い合わせください。