予防メインテナンス
姫路市駅前の歯医者|アーバン歯科室​

予防メインテナンス

今まで歯医者は、歯が痛くなってから行くものでした。しかし虫歯になったり、歯を失ってから歯医者に行っても手遅れの可能性があります。また、一度歯周病などで溶けた骨は元には戻りません。

INDEX

虫歯や歯周病になる前に

検査の徹底

具体的な予防アプローチ

虫歯や歯周病になる前に

当院では“虫歯や歯周病になる前”に予防することを第一に考え、予防治療に力を入れております。歯医者に予防しにいくという感覚は日本人はまだまだ意識が低いのですが、姫路にお住いの皆様に予防で救える「歯」があることを伝え続けたいとおもいます。 

虫歯や歯周病になる前に

検査の徹底

アーバン歯科室では、各種検査を徹底的に行うことで虫歯や歯周病の状況を把握し、治療計画を立案します。がん検診や健康診断の血液検査に置き換えても、検査がいかに大切かご理解いただけると思います。

検査の徹底

具体的な予防アプローチ

ご自宅で行えるセルフケアも大切ですが、歯科医院で行うプロフェッショナルケアを定期的に受診することで、老後の歯の生存率が変わります。

歯石取り
(歯周ポケットの中)
歯のクリーニング
(表面の歯石や着色除去)
虫歯の早期発見
歯列矯正

例えば、歯周病になっていることに気づかずにそのままにしておくと、症状はどんどん悪化してしまうので定期的に歯科医院に通うことが大切なのです。

歯列矯正は、歯並びと噛み合わせを整えることで、メインテナンスしやすい口腔内環境にします。ガタガタで磨き残しがあると虫歯になりやすくなりますので、偏った噛み合わせで歯に負担をかけてしまいます。

総合的に予防歯科を考え、何から始めればよいか歯科医師と相談し、最善な予防歯科を考えることが重要です。

具体的な予防アプローチ

予防歯科
個別相談のご案内

当院では、患者さまのお口のお悩みにお答えするため、予防歯科についての相談を随時受け付けております。どんなことでも構いませんので、1口腔1単位の治療が行える私たちに、お話ししていただければと思います。

ご興味がある方は、こちらからお問い合わせください。

記事監修者:アーバン歯科室 
鍋山 篤史

松本歯科大学卒業。日本外傷歯科学会認定医として、外傷治療をはじめ、さまざまな治療に対応。また、日本歯科保存学会、日本審美歯科学会に所属し日々研鑽を重ねる。姫路駅前のアーバン歯科室にて、口腔外科専門医、日本外傷学会認定医、矯正認定医等、口腔の専門家とチームとなり治療に取り組む。