根管治療
姫路市駅前の歯医者|アーバン歯科室

根管治療

INDEX

こんな症状はありませんか?

根管治療とは?

アーバン歯科室の根管治療

歯が折れた・欠けた方

こんな症状はありませんか?

下記のような症状がある場合、根管治療(根っこの治療)が必要になります。

冷たいもの、熱いものが
両方しみる
激痛がある
長く歯医者に通院しているが
なかなか良くならない
以前治療した部分が再度
痛み出した
歯茎がパンパンに腫れている
口の中が膿の味がする
歯が変色してきた
他院で根っこの治療中をして
いても痛みがなくならない
根っこの治療をして
被せ物をしたが噛めない

根管治療とは?

根管治療とは、細菌に感染している歯質や神経を完全に取り除く治療です。細菌感染を起こした歯は、激しい痛みなどの症状がでます。一度、根管治療をおこなった歯でも、完全に細菌を取り除くことができないと、再び細菌感染を起こして症状がでることがあります。

根管治療とは?

アーバン歯科室の根管治療

大学病院レベルの治療

大学病院にて、保存科(虫歯、根っこの治療など)を専門におこなってきた歯科医師が、根管治療を担当します。また、日本歯科保存学会にも所属し、技術の向上に努めております。

大学病院レベルの治療

マイクロスコープによる精密な治療

当院ではマイクロスコープを使用した精密な治療を行います。肉眼では確認することができない根管内を3~15倍に拡大することで、痛みの原因となる汚染物質を取り除きます。

マイクロスコープによる精密な治療

歯が折れた・欠けた方

転んで歯が折れたり、大きく欠けてしまって、損傷が神経に達してる場合には、根管治療が必要になります。また、 歯が割れている「歯根破折」であれば抜歯や、再植などの治療が必要になることもあります。

歯が折れた・欠けた方

痛みの主訴を徹底的に処置

当院では一つの虫歯治療であっても、CTや、マイクロスコープ、Er:YAGなどの最先端の医療機器と最先端の技術をもって、根元からの完治をこころがけております。

大学病院レベルの根っこの治療を求められる方、緊急事態の方は、随時相談を受付ております。

痛みの主訴を徹底的に処置

根管治療
個別相談のご案内

当院では、患者さまのお口のお悩みにお答えするため、根管治療(歯の根っこ)の相談を随時受け付けております。根管治療について、どんなことでも構いませんので、1口腔1単位の治療が行える私たちに、 お話ししていただければと思います。

ご興味がある方は、お問い合わせください。

記事監修者:アーバン歯科室 
鍋山 篤史

松本歯科大学卒業。日本外傷歯科学会認定医として、外傷治療をはじめ、さまざまな治療に対応。また、日本歯科保存学会、日本審美歯科学会に所属し日々研鑽を重ねる。姫路駅前のアーバン歯科室にて、口腔外科専門医、日本外傷学会認定医、矯正認定医等、口腔の専門家とチームとなり治療に取り組む。