親知らず

親知らずを抜く理由

親知らずを抜く理由

きれいに生えており、虫歯も歯周病もない。
そんな状態であれば、親知らずを無理に抜く必要はありません。
しかし、ものが挟まりやすく、歯ブラシが届かず手入れが難しいといった場合は、親知らずの手前の歯が虫歯になりやすくります。そのため、その歯を優先して守るために抜くことがあります。
また親知らずは生えてくるスペースが足りずに、他の歯を押し出してくることがよくあります。
すると歯並びに影響が出てしまいます。

このように親知らずは他の歯に影響を与えることがあるので、今後のことを考えて抜くことをお勧めします。
当院では親知らずの抜歯を始め、根管治療を伴う難抜歯は、口腔外科の専門医が担当しています。

親知らずの放置

親知らずが上下ともに正常に生えて、しっかりと噛み合っている状態であれば、抜歯をしなくても問題ありません。
しかし、生えかけて止まっている、向きがおかしくて噛み合わない場合は、注意が必要です。
親知らずを放置すると、虫歯や感染症などのリスクが高くなります。
親知らずについて悩まれている方は、当院にご相談ください。

親知らずの個別相談のご案内

当院では、患者さまのお口のお悩みにお答えするため、親知らずの相談を随時受け付けております。どんなことでも構いませんので、1口腔1単位の治療が行える私たちに、 お話ししていただければと思います。

ご興味がある方は、こちらからお問い合わせください。