親知らず

親知らずを抜く理由

きれいに生えており、虫歯も歯周病もない。
そんな状態であれば、親知らずを無理に抜く必要はありません。
しかし、ものが挟まりやすく、歯ブラシが届かず手入れが難しいといった場合は、親知らずの手前の歯が虫歯になりやすくります。そのため、その歯を優先して守るために抜くことがあります。
また親知らずは生えてくるスペースが足りずに、他の歯を押し出してくることがよくあります。
すると歯並びに影響が出てしまいます。

このように親知らずは他の歯に影響を与えることがあるので、今後のことを考えて抜くことをお勧めします。
当院では親知らずの抜歯を始め、根管治療を伴う難抜歯は、口腔外科の専門医が担当しています。

親知らずの放置

親知らずが上下ともに正常に生えて、しっかりと噛み合っている状態であれば、抜歯をしなくても問題ありません。
しかし、生えかけて止まっている、向きがおかしくて噛み合わない場合は、注意が必要です。
親知らずを放置すると、虫歯や感染症などのリスクが高くなります。
親知らずについて悩まれている方は、当院にご相談ください。

※ 埋伏歯抜歯治療内容とご注意

1. 抜歯部分の局所麻酔を行います。場合により、顎の半分が痺れる麻酔を行います。

埋伏歯抜歯治療

2. 図のように歯肉を切開します。

埋伏歯抜歯治療2

3. 歯冠(歯の頭の部分)が出る程度の大きさに骨を削り、歯冠と歯根を切断します。切断時、口の中に水が溜まりますが吸引をします

埋伏歯抜歯治療3

4. 歯冠を取り出します。この時、顎に力がかかることがあります。

埋伏歯抜歯治療4

5. 次に、歯根を取り出します。歯根が数本に分かれてたり、骨を抱く形になっている場合は歯根を分割します。

埋伏歯抜歯治療5

6. 歯肉を元の位置に縫合し、血が止まるまでガーゼを噛んでいただきます。

埋伏歯抜歯治療6

術後

術後出現する可能性のある症状:患者様の状況に応じて適切な対処を行います。

1. 口腔内術部の創痕

2. 1~2週間程度の術部の疼痛と腫脹(最も症状が強いのは術後より2~3日目)

3. 出血(稀に術部相当部の皮下出血斑)

4. 隣在する歯の動揺

5. 口角炎

6. 術後感染

7. 治癒不全

8. 隣在する歯の歯肉の退縮による歯根露出および知覚過敏(温・冷水痛)

9. 顎関節症

10. 下歯槽神経知覚鈍磨

親知らずの個別相談のご案内

当院では、患者さまのお口のお悩みにお答えするため、親知らずの相談を随時受け付けております。どんなことでも構いませんので、1口腔1単位の治療が行える私たちに、 お話ししていただければと思います。

ご興味がある方は、こちらからお問い合わせください。