口腔外科

口腔外科とは、歯、口腔、顎、顔面並びに隣接する領域の疾患を専門に扱う診療科目です。

口腔外科による専門的な治療の必要性

地域医療支援や大学病院等、2次・3次の医療機関の歯科では、口腔外科を診療科目として標榜しております。

アーバン歯科室では、口腔外科は高度な歯科医療を提供させて頂く上で必要不可欠な存在と考えております。

[口腔外科の治療領域]

具体的には、大きく分けて以下のような治療を行います。

  1. 根が曲っていたり埋まっている歯・親知らず等の抜歯、顎骨内や粘膜に発生する嚢胞や・良性腫瘍の摘出や癌の治療、交通事故等による口の中の怪我や顔面の外傷の治療といった外科的な治療
  2. 顎関節症、口腔粘膜疾患(口内炎等)、炎症性疾患(口腔内における腫れや痛み等)、味覚異常、神経性疾患(顔面麻痺や神経痛等)、口臭症といった内科的な治療
  3. インプラントの埋入、顎顔面の奇形、顎変形症等、顎顔面の機能回復と審美的な回復を目的とした治療
  4. 全身疾患(三大成人病、血液疾患、皮膚疾患等)との関連のある口腔疾患に対する、医師と連携した総合的な治療

[当院におけるチーム医療体制]

『治療を受けるに当たり、術後の痛みはどの程度あるのだろうか。』

『審美的な意味でどの程度回復するのだろうか。』

『機能的にはどの程度回復するのだろうか。』

など、不安や課題は患者様にとっては大変大きなものであると思われます。

アーバン歯科室には、日本口腔外科学会専門医1名、日本外傷歯科学会認定医1名、矯正認定医1名と各分野の専門医、認定医が在籍しており、最新の設備を使用し、一人ドクターの医院ではなかなか難しい症例であっても、チーム医療により一口腔単位の治療が可能です。

歯科医療も日進月歩である為、各種学会や講演会にも参加し、院内でもスキルアップの勉強会や症例検討会等を常に行っております。

「1つの疾患」=「1つの治療法」ではないケースが、歯科医療では多分に存在します。

各分野の歯科医師が在籍する事で、様々な治療法を様々な角度から検討し、患者様にとって最善の治療法をご提案出来ると考えます。

また、治療内容や患者様の疾患及び進行度には、個人差があると考え、患者様お一人お一人のお口の状況を見させて頂いた上で、その患者様にとって最善の治療方法や治療計画をご提案し、

また、その際のメリット・デメリット等に関しましても個別にカウンセリングさせて頂きます。

専門医1名、認定医が2名在籍する当院だからこそ、患者様にとって一番メリットのある治療法をご提案させて頂けると考えております。

口腔外科の治療の必要な方は一日も早く来院し、一日も早く治療を受けて頂きたいと思います。

一日でも早く予約し、一日でも早く治療にかからせて頂く事で、治療にかかる期間は短くなります。

場合によっては大幅に変わる事もあります。

ご連絡お待ちしております。

<アーバン歯科室の定期検診のご案内>

当院は、全ての方に歯の定期検診を受けて頂きたいと願っております。

定期検診を受ける事で、虫歯や歯周病等になるリスクは間違いなく大幅に減少します。

また、虫歯や歯周病等になってしまった場合でも早期発見により早く治療したり、進行を抑制する事が出来ます。

現状を放置する事で、悪化もしくは進行してしまうと、治療期間や治療範囲が確実に長期に増大するばかりでなく、医療費も多大となります。

アーバン歯科室は、早期発見と早期治療で皆様の歯の健康を守り、そこから皆様の全身の健康に繋がってほしいと願っています。

まずは、このアーバン歯科室で定期検診から始めてみませんか。

定期検診のみの方も大歓迎です。