外傷治療

適切な応急処置が必要な外傷治療

転んで歯が割れた、鉄棒にぶつけて歯が欠けたなど、子どもの学校での事故や、転倒、衝突により、歯茎や唇の外傷に対して治療を行います。
応急処置として、止血と消毒を行い、歯がグラついていれば固定します。
抜歯や根管治療が必要かどうかはすぐに判断できないので、後日、来院していただくことになります。

子どもの場合、永久歯が生えてくるまでの時間にもよりますが、スペースを確保しなければならないため、矯正治療という選択もあります。
大人の場合、補綴を始め、義歯、インプラントといった選択になります。
当院では日本外傷歯科学会認定医が治療します。

外傷治療の個別相談のご案内

当院では、患者さまのお口のお悩みにお答えするため、外傷治療の相談を随時受け付けております。どんなことでも構いませんので、1口腔1単位の治療が行える私たちに、 お話ししていただければと思います。

ご興味がある方は、こちらからお問い合わせください。