矯正

歯列矯正について

歯の表面にブラケットという矯正装置を装着し、ワイヤーを使って少しずつ歯を動かしていくのが、一般的な矯正方法です。
ブラケットがメタルのものを使うと、どうしても口を開ける際に金属が目立つのは否めません。
しかしセラミック製の目立たないブラケットもあります。

当院では、治療期間の短縮や歯の痛みの軽減が期待できるセルフライゲーションブラケットを使用しています。

また当院では、ブラケットやワイヤーを使わず、透明なプラスチックの矯正装置を使ったマウスピース矯正も行っています。

マウスピース矯正のメリット

成人矯正においては、やはり審美面のリクエストが多いものです。
そこでアソアライナーやクリアライナーなど、マウスピース矯正を選ばれる方が増えています。
いちばんのメリットは装置が目立たないことです。
さらにブラケットやワイヤーの違和感がなく、自分で取り外すことができます。

また従来のワイヤー矯正の場合、同時に抜歯の必要があることが多くあります。
一方、マウスピース矯正は抜歯をしないのが特徴です。
他院でワイヤー矯正をしたものの、痛みに耐えられずに期間の短いマウスピースに切り替えられる患者さまもおられます。
見た目にこだわり、ワイヤーを着けたくない方は、マウスピース矯正をお勧めしています。

ただし、歯並びの状態によってはマウスピース矯正が適応できない場合もあります。

  • ・目立たない
  • ・取り外しができる
  • ・歯磨きがしやすい
  • ・違和感が少ない
  • ・痛みが少ない
  • ・矯正中に虫歯治療ができる

混合歯列期の子どもの矯正

子どもの矯正のタイミングは、理想的な開始年齢が何歳であるとは、個人差がありますのではっきりとは言えません。
歯やあごの状態によって、早期に始めた方がいい子もいれば、もう少し大きくなってから始めた方がいい子もいます。

あごや骨が発育中の子どもは、その成長を利用しながら歯の矯正をします。
あごの成長を予測し永久歯の交換を見計らいながら治療できるので、理想的な歯並びにしやすいのが子どものときに矯正するメリットです。

まずはお子さんの歯並びで、上の前歯が永久歯交換する頃に、最初の相談されるのが望ましいです。
ただし、検診等で受け口と指摘された場合は早期に始めることをお勧めします。

矯正治療の注意点

矯正前 矯正を始める前にやっておくことがあります。まず虫歯がある方は、矯正開始前までにきちんと治さなければなりません。
矯正が始まると歯磨きがしにくくなるため、装置装着前に歯のクリーニングとブラッシング指導を行います。
治療中 ワイヤー矯正の場合、1カ月に一度、ワイヤーを交換して歯の動きを調整しますが、その際に全体の歯磨きを行います。
クリアライナーやアソアライナーなどのマウスピース矯正の場合、2週間に一度の型取りを行います。
矯正装置の装着期間は、歯や顎の骨の状態、年齢などによって異なりますが、上下の矯正で1年から2年半が一般的です。
治療後 歯が並んで落ち着くと矯正装置を外しますが、ここで治療を終わらせてしまうと、歯は元の位置に戻ろうとするため、動こうとする歯を固定させる必要があります。
そこでリテーナーという保定装置を使って歯を定着させます。
期間は1年から2年で、2カ月から3カ月に一度の通院で定着状態を調べます。
PageTop