補綴

補綴素材の種類

前歯や奥歯の詰めもの、被せものなどの補綴(ほてつ)素材は、口もとの審美性を高めるため、当院ではオールセラミック、ハイブリットセラミック、メタルボンド、e.max(イーマックス)、ゴールドなどを用意しています。

虫歯の治療後の金属の詰めものが気になる方や、金属アレルギーが心配な方にはお勧めです。
いずれも保険適用外のため治療費は高くなりますが、変色がないので自身の天然歯と同じような自然な美しさに仕上がります。

患者さまの希望に合わせた補綴素材の提供

補綴素材にはそれぞれ特徴がありますので、患者さまの希望に合わせて最適なものを提供します。

オールセラミック グラデーションを再現でき、周囲の歯と合わせた自然な色合いを出したい時にお勧めです。
ハイブリッドセラミック 硬いセラミックに粘りのあるレジン樹脂を混ぜているため、噛み合わせる歯にやさしいという特徴があります。
e.max(イーマックス) 奥歯などの噛み合わせの強い箇所に適しています。
メタルボンド 表面がセラミックで中身が金属なので、オールセラミックよりも強度にすぐれ、価格もおさえられます。

口腔内の金属アレルギーについて

補綴物に含まれる金属が溶け出し、口内炎や歯肉炎を始め、口腔扁平苔癬(こうくうへんぺいたいせん)など、顔や全身にアレルギー症状が現れてくるケースがあります。
口腔内の金属アレルギーは皮膚よりも出にくいといわれ、実際に入れてみないとわからないのが実情です。

金属アレルギーは患者さまによって個人差がありますが、体質に合わない金属の場合、体質に合った材質に交換することをお勧めします。

信頼できる医療機関を探せるMedecal DOC
PageTop