入れ歯

入れ歯の種類

当院では、ノンクラスプデンチャー、金属床入り、金属床、チタン床、インプラント床義歯などをご用意しています。
「金属の留め金が見えて気になる」「しっかり噛めて痛みが少ない」といった入れ歯を希望される方には、ノンクラスプデンチャーがお勧めです。

ノンクラスプデンチャーは、大きく口を開いても入れ歯をしていることがほとんどわからないほど審美性が高く、使い心地も軽くてフィット感にすぐれています。

しっかり固定できるインプラント床義歯

他院で入れ歯をつくっていて、どうしてもしっくりこない、合わないという場合、インプラント義歯に交換するケースがあります。
インプラント床義歯のいちばんのメリットは、義歯を固定できることです。
歯を支えている顎の骨の部位となる顎堤(がくてい)がほとんどない場合、インプラント(ネジのような人工の歯根)を入れるのは厳しい状態ではありますが、ただし1本入れることさえできれば、まず義歯がずれることは回避できます。

しかし、その場合も噛めるかどうかが問題で、1本入れてうまくいけば、インプラントを増やしていき、3本で固定します。
一方、残っている自分の歯にはインプラントを掛けたくないので、1本も歯がない場合、インプラント床義歯をお勧めします。
下顎の場合は、ズレや外れることがありますが、上顎の歯は吸着があれば安定します。

保険と自費の違い

一般的な保険で作製するレジン床の入れ歯は、安価で破損時の修理も簡単にできます。
また、金属アレルギーの方でも使用できるメリットがあります。

しかし、保険の入れ歯では満足できない、もっとよい入れ歯にしたいという、装着感や見た目を重視される患者さまには自費の入れ歯をお勧めします。
自費の場合、素材の選択肢が広がることで、より快適な入れ歯をおつくりします。
当院では保険と自費で迷われている患者さまに、最適な入れ歯をご提案しています。
お気軽にご相談ください。

自費治療による入れ歯の特徴

  • 見た目がきれい
  • ぴったりフィットする
  • しゃべりやすい
  • 食事をしたときの温度が伝わりやすい
  • 強度があって壊れにくい
  • 生体親和性にすぐれている

入れ歯が痛い、合わないとき

快適に入れ歯を使っていただくために、定期検診と入れ歯の調整が必要ですが、ノンクラスプデンチャーは調整することができません。
ノンクラスプデンチャーは耐久性があり、割れることはありません。

しかし一方で、歯茎が痩せて合わなくなることがあります。
快適に長く使うことができますが、歯茎が痩せてしまい合わなくなった場合は、交換する必要があります。
当院でおつくりした入れ歯はもちろん、他院で作製した入れ歯の調整も行っています。

PageTop